健診未受診者対策支援

健診受診率・保健指導実施率向上

ひとりでも多くの命を衛るために

国保中央会は受診率速報値集計において、平均受診率が28.30%となったと発表し、市町村が特定健診等実施計画に盛り込んだ目標値の平均(厚生労働省集計で35%)を6.7ポイント下回る見通しとなっています(21年8月3日保健衛生ニュースより抜粋要約)。このような状況下、当社では各保険者の受診率向上のため、支援を行っております。

[保健師・管理栄養士 → メタボ改善の重要性・毎年受診する必要性・受診率による加算・減算] [受診勧奨対象者 → 特定健診未受診者・昨年度受診した未受診者・他健診受診者(結果提供)]

実施スケジュール例

郵送物の作成と発送:3ヶ月前

  • 郵送対象者のデータ抽出
  • 郵送物(健診申込書、アンケート、他結果提出依頼、チラシ)の印刷・封入

次

回収(アンケート・他健診結果)と電話対象者の抽出:2ヶ月前

  • アンケートデータ入力
  • 健診申込
  • 他健診結果仕分け作業
  • 電話対象者抽出作業

次

受診勧奨電話の実施:1ヶ月前

  • 電話による受診勧奨
  • 受診券の再発行受付(個別受診希望者)
  • 他健診結果の不足項目確認

次

集団健診の実施:集団健診月

次

実施報告書の作成:1ヶ月後

  • アンケート集計

郵送物の作成と発送

対象者 1

昨年度受診したが、今年はまだ受診していない人

対象者 2

いままで一度も特定健診を受診したことのない人

対象者 3

40代、50代の若い未受診者

郵送物のサンプル

特定健診受診勧奨チラシ

アンケート

他健診結果提出依頼

回収と電話対象者の抽出

回収後の対象者抽出イメージ

回収状況対応例

  1. 血液の不足項目があるため、特定健診受診を勧める。
  2. 電話で確認できる項目(受診病院など)は電話で、身体測定等は随時役所で、といった対応を行う。
  3. 他健診の結果項目を確認するとともに、提出を依頼する。
  4. 集団健診の申し込みの確認か、受診券の有無を確認し、なければ再発行など対応を行う。

受診勧奨電話の実施

概要 1

休日・夜間など住民のライフスタイルに合わせた時間帯に電話いたします。

概要 2

電話件数は1日で約40コール/1人程度を目安に行います。

概要 3

保健指導実践者が受診勧奨を行い、健康に関する相談があれば応じます。

個人ベースの電話記録は記録用紙で管理いたします。
また、日々の電話件数、集団申込、受診券再発行者なども日々ご報告いたします。

  • wellcleは日本全国での実績があります。お見積もり、ご質問はお問い合わせください。