事業案内 Services

ITソリューション事業

健診データ分析ソフト マルチマーカー

MULTI MARKER

600以上の自治体・健康保健組合に導入しています。

マルチマーカーは、国民健康保健団体連合会の特定健診等データ管理システムやその他の健康管理システムの健診データ(CSV・XML形式)を取り込み、分析や集計を行います。受診率・保健指導実施率・階層化・メタボ判定等、全体を把握できるナビゲーション画面で、集計・分析・評価を簡単に行えます。

利用の流れ

集計・分析・評価
集計表・分布図 変化図
  • 集団の特性抽出
  • 健康課題の把握
  • 標準的な健診・保健指導のプログラムの様式
  • 経年変化の把握
階層化・保健指導対象者の抽出
一覧表示 検索
  • 特定健診階層化
  • メタボリックシンドローム判定
  • 生活習慣病危険因子保有状況分析
個人詳細画面

個人判定結果

個人判定結果

個人経年表

個人経年表

個人健診結果

個人健診結果
保健指導学習教材

病態に対応した学習教材を選択

個人結果帳票

健診結果表の出力

保健指導
  • 特定保健指導の報告様式にマッチした入力画面
  • XML、CSVでのデータ作成が可能
  • 削減エネルギー量自動計算機能

ログイン後のトップ画面

コクピット部

団体ごとに現在の健康実態がひとめでわかります。

機能アイコンボタン部

シーン毎に分かりやすく分類。

健診データ判定と保健指導対象者の抽出

特定健診に対応した階層化とメタボリックシンドローム判定が行えます。さらに、国内の学会基準に基づいた生活習慣病危険因子リスク判定/eGFR自動計算/脳心血管リスク層別化も行えます。また強力な検索機能により「腎臓専門医の紹介が必要な人」というような、糖尿病等生活習慣病や慢性腎臓病(CKD)の重症化予防の観点での対象者の抽出・分析や「去年と比べて階層化が悪化した人」というような経年検索が容易におこなえます。これにより、多角的に保健指導対象者を抽出することが可能です。

自動判定・判定項目

特定健診階層化判定

eGFR自動計算

使い勝手にこだわった検索

簡単検索

複雑な条件を設定することなく、検索できます。

「腎臓専門医の紹介が必要な人」が簡単に検索できます。
※抽出結果はExcelに出力できるので、名簿や一覧表作成に便利です。

簡単検索

前年度のデータを比較して、
検索することができます。

検索項目には、健診だけでなく、判定結果も選択できます。またカテゴリ別に整理されているので、容易に選択可能です。
※昨年「積極的支援」や「動機づけ支援」の人の今年度データなどの検索も可能です。

簡単検索

任意の複数条件を組み合わせ検索できます。

作成した条件の保存も可能です。
※名前をつけて保存すると、「簡単検索」から利用できるようになります。

集団分析・評価のための豊富な集計表

厚生労働省の「標準的な健診・保健指導プログラム」様式6の形式で集計が簡単に!また、集団(地域・職域)の健康課題抽出に役立つ豊富な集計表・変化図・分布図を、標準装備し、経年での集団の変化(評価)の集計も可能です。

集計表

変化図

分布図

健診未受診者対策機能

特定健診の未受診者の分析がおこなうことができます。過去の受診傾向を分析し、より受診勧奨の効果的な層へのアプローチがしやすいよう未受診者リストを作成いたします。

未受診者対策集計

未受診者対策一覧表示

Ver.7の変更点

特定健診・特定保健指導第3期に対応します

標準的な「健診・保健指導プログラム」、「特定健診検査・特定保健指導の円滑な実施に向けた手引き」の内容に対応します。

■ 特定健診

  • 健診項目を追加します。
    nonHDLコレステロール、eGFR
    問診項目13「咀嚼」、16「食べ方(間食)」、心電図対象者など
  • 階層化の判定で「随時結党(食後3.5時間以上)」も使って判定します。
    「詳細な健診」の対象者の選択方法も第3期に対応して変更します。
  • 保健指導、受診勧奨判定値を追加します。
    nonHDLコレステロール、eGFR、随時血糖

■ 特定保健指導

  • 保健指導対象者の登録画面で「動機付け支援相当」の候補者を一覧表示できます。
    また対象者ごとに「動機付け支援相当」、「モデル実施」を指定できます。
  • 初回面接画面で分割実施(初回①、初回②)のデータ入力できます。
    また「遠隔面接」を選択できます。
  • 保健指導のチェック画面で、指導の最短期間は3ケ月以上でチェックします。保健指導区分に応じたチェックを行います。

新元号に対応します

新元号(2019年4月からの予定)に無償で対応します。
※新元号に対応するためのWindows Updateが提供された場合、更新が必要です

新しい機能が追加されます

■ 経年データの差分検索

  • 昨年度と今年のデータの差分で検索できます。たとえば、昨年度と比べて体重が1kg以上減った人を検索できます。
  • データ項目に「昨年度のデータ」、「疾病データ」が追加されます。
    KDB疾病管理データを「疾病データ」の項目へコピーして、健診データと突合して検索や集計ができようになります。

■ 取り込み機能充実

  • 「追加取り込みマージ」が使いやすくなります。たとえば、外字を含む名前で上書きしたいとき、健診データと1対1に対応しているCSVファイルを用意しなくても、台帳CSVファイルから取り込みできます。

Windows10で動きます

Windows10でのご利用を推奨します。

健診データ分析ソフト マルチマーカー

小規模
向け

マルチマーカーパーソナル版

  • 小規模で簡単にスタートさせたい
  • ノートパソコンで気軽に持ち運びたい
  • 複数台利用も、同じ部屋(同一ポート内)で行う
中大規模
向け

マルチマーカーワークグループ版

  • 中〜大規模ユーザー。サーバー機にデータを格納
  • 複数人でデータ連携したい
  • サーバーをセキュリティ区画で保管したい
  • セキュリティー権限を細かく設定したい

保健指導に関することなら
株式会社ウェルクルへ