事業案内 Services

物販サービス

  • HOME >
  • 体成分分析器(ACCUNIQシリーズ)

体成分分析器(ACCUNIQシリーズ)新登場!!

保健指導対象者の心に響く。持ち運び可能なポータブルタイプのBC300

体成分分析器とは、人体の電気的特性を利用して、人体を構成する筋肉や体脂肪などの成分が、各部位にどのくらいついているかを測定する機械です。単なる成分分析だけではなく、栄養状態や代謝量、内臓脂肪などの健康維持に役立つ様々な情報を提供することが出来ます。体成分分析器から出力される豊富な測定結果は、生活習慣病やメタボリックシンドロームなどの予防や改善に向けた保健指導、運動・栄養指導などに活用されております。

寸法(mm)
W×D×H
400×735×890
本体重量 約10kg
測定時間 約40秒
特徴❶ 軽量/折り畳み式
専用キャリーバック標準
特徴❷ 運動別30分基準消費カロリー
体型評価マトリックス

BC360

寸法(mm)
W×D×H
414×636×980
本体重量 約18kg
測定時間 約40秒
特徴❶ Bluetooth(オプション)
足首電極装置可能(オプション)
タッチパネル使用
特徴❷ 体型評価マトリックス
栄養評価

BC380

寸法(mm)
W×D×H
436×️641×1027
本体重量 約18kg
測定時間 約40秒
特徴❶ Wi-Fi・Bluetooth(オプション)
足首電極装置可能(オプション)
遠隔サポート(Wi-Fi使用時)
タッチパネル+キーパッド
特徴❷ 運動別30分基準消費カロリー部位別体水分量
細胞内水分量/細胞外水分量
内臓脂肪断面積

BC300の主な特徴・機能

保健指導専用モデル誕生!

「効果的な保健指導」を実施していくためには、対象者様が主体性を持って自身の身体について正しく理解し、治療・改善への強いモチベーションに繋げて頂くことが最も重要であると考えております。「BC300」は、従来の体成分分析器とは異なり、そんな「効果的な保健指導」を実施していくことを第一目的とした専用モデルとして開発されております。また、多周波数測定技術により、脂肪量や筋肉量などの体成分分析だけではなく、内臓脂肪や基礎代謝量などの保健指導専用モデルならではの新機能が多数盛り込まれております。

軽量ポータブルタイプなので、出張もお手軽に。

「BC300」は、従来の据え置き型体成分分析器とは異なり、持ち運びができるよう軽量ポータブルタイプとなっており、移動に便利な専用ハードケースも標準付属しております。よって、出張しての訪問診療や健康啓発イベントなどでも気軽に持ち運んで、使用することが可能となっております。

3周波数で高精度測定で、35秒のハイスピード。

「BC300」は、5kHz、50kHz、250kHzの3周波数の電流を使用して多周波数測定を行うにより、高精度な測定を実現しております。これにより、身体を体水分、蛋白質、脂肪、無機質の体成分に分けて測定することが可能となります。
また、測定時間も35秒とハイスピードであり、貴重な指導時間を有効に活用することができます。

データ管理も簡単。CSVやEXCELデータ出力にも対応。

「BC300」は、データ管理ソフト「ACCUNIQ MANAGER」を標準付属しており、パソコンで簡単に測定データを保存、管理することが可能です。また、USBメモリを使用することにより、出張先にパソコンを持って行かなくても測定データをデータ管理ソフトへ移すことも可能です。そして、CSVやExcelデータで測定データを出力することも可能ですので、検診管理ソフトや電子カルテ等へ取り込むことも可能です。

A4レーザープリンタを標準付属。

「BC300」は、A4レーザープリンタを標準付属しており、対象者に体成分分析結果をより理解してもらう為に大きなA4サイズで、グラフィカルな帳票を出力できます。

無償提供のスマートフォン対応アプリも利用可能。

「BC300」は、A4レーザープリンタを標準付属しており、対象者に体成分分析結果をより理解してもらう為に大きなA4サイズで、グラフィカルな帳票を出力できます。

体成分分析器を活用するメリット

体成分分析器を活用するメリットは、「治療の効果を上げる」の一言に尽きると思います。利用者様は体成分分析器で測定することにより、滅多に測定することの出来ない体成分バランスや生活習慣病の根源である内臓脂肪、基礎代謝量について知ることが出来、ご自身の身体や健康管理についてより関心を持つようになり、次回測定するまでに少しでも改善したいという高いモチベーションになります。それにより、利用者様がより積極的に治療に取り組まれることとなり、利用者様がより改善することによって、さらなる治療に対するモチベーション向上に繋がります。

01

「無意識」から「意識化」へと変える。

  • 無意識の意識化こそ改善への第一歩であり、最も大きな一歩です。
  • 体成分分析器で測定することにより、これまで無意識であった部位別筋肉量や内臓脂肪量、基礎代謝量などの概念を意識化することができます。

02

解決すべき課題の把握(アセスメント)を行い、目標や計画を策定する。

  • 体成分分析器で測定することにより、筋肉の退化や肥満などの解決すべき課題をアセスメントすることができます。
  • また、課題をアセスメントすることにより、治療の目標や実施計画を策定することが可能になります。

03

治療の効果を評価し、モチベーションを向上させる。

  • 体成分分析器で測定することにより、リハビリテーションを行った結果を評価することができます。
  • また、定期的に体成分分析器で測定することにより、治療に対するモチベーションを向上させます。

体成分分析を行った受診者の感想

  • 総合的な判定を確認することは、
    意識改革に有効である

  • 毎週結果を見るのが
    楽しみだった

  • 数値として明示されるので励みになった

  • 数値を伴う結果の分析がモチベーションの向上につながり、やる気が継続できた

  • 測定データは大変興味深く、体脂肪率と筋肉量の変化に気をつけて運動ができた

  • 運動をするようになったら、明確に効果があらわれたのでびっくりした

上記は、大阪健康サービス産業創造協議会へルスマネジメント研究会にて行ったトライアル事業「アンチメタボパッケージ」に参加された方を対象にアンケートを行い、体成分分析を行った感想をうかがったものです。

参加された方は、3ヶ月間の保健指導期間中、毎週体成分分析を行ってもらい、結果をフィードバックしながら保健指導を行った結果、体成分分析結果の数値での目標管理を行うことはモチベーションの維持・向上につながるというご意見を多数頂き、参加された方全員に改善効果が見られました。

保健指導に関することなら
株式会社ウェルクルへ